診療を受ける

歯科医院「保険治療・自由診療」の違い

自由診療を行なうとき、補綴(人工物で歯の形と機能を補う)の材料が同じでも、料金が同じとは限りません。まず、歯科医師が医療費をいくらにするかで違います。一人の患者を時間をかけて丁寧に診れば、1日に診療できる人数は少なくなるので、医療費は高く設定されることが多くなります。また、クラウンなどの補綴装置をつくるのは歯科技工士で、質のよいものをつくりたいなら、腕のよい技工士に依頼する必要があり、そういう技工士は報酬も高くなります。通常の技工士さんは、模型と写真で補綴装置をつくりますが、腕がよくて独立している技工士さんのなかには、契約している歯科医院に足を運び、実際に患者さんの口の中を見てつくる人もいます。

質を追求すれば料金が

そういう熱意や時間のかけ方が補綴装置の出来栄えに影響を与えます。保険診療(3割負担の場合)と自由診療で、金額がどれくらい違うのか、むし歯1本の治療例で比較してみましょう。むし歯が象牙質に達している時、奥歯には、むし歯部分を大きく削って金属をはめこむ(インレー修復)がよく行われます。保険診療で主に使われるのは、銀色をした金銀パラジウム合金で、3000円程度。自由保険診療では、歯の色をした材料を使い、セラミックインレーで3〜6万円ぐらいです。入れ歯の場合は土台に当たる(床)の材料で料金が異なります。保険診療ではピンク色のレジンを使うことが多く、部分入れ歯で1〜2万円、総入れ歯で2万円ほど。自由診療で、薄く伸ばしたコバルトクロムを使った場合は、どちらも20〜30万ほどになります。自由診療はお金がかかりますが、材料がよいですし、時間をかけてつくられることが多いので、より患者さんの希望に沿ったものができます。