日頃からのケア

虫歯が出来やすい個所を意識して磨く

予防歯科とは、虫歯を未然に防ぐ試みの事を指します。 虫歯になると何度も歯医者に通わなければならなくなり、その間の治療費用も経済的な負担となってしまいます。また虫歯の痛みが激しい期間は仕事も日常生活も思うようにこなせなくなります。こういった事態を避けるためにも予防歯科は大切なのです。日々のケアを心がけるだけで虫歯の発症率を減らすことは可能なのです。 そのセルフケアの基本は何と言っても食後の歯磨きです。虫歯が出来やすい個所は主に歯と歯の間や噛み合わせ部分です。ここに食べカスなどが付着する事によって虫歯の遠因となるのです。これらの部分を意識して磨くだけでも虫歯の発症率は減らせます。

正しい歯磨きの仕方とは

正しい歯磨きの仕方については定期歯科検診で指導を受ける事も出来ます。歯や口の中の状態はひとりひとり差異があるため、その人に適したブラッシング方法があるのです。 ブラッシングの際にあまり力を入れ過ぎると、歯茎を傷つけてしまう可能性があります、キズが出来た部分に細菌が侵入し、そこが炎症を起こしてしまう事もあるので、歯磨きの際は優しくマッサージをするような感覚でブラッシングをするのが推奨されています。また毛先が柔らかい歯ブラシを使うのも選択肢の一つと言えるでしょう。 歯と歯の間の汚れはフロスや糸ようじの使用がおススメです。歯ブラシではどうしても磨ききれない個所も、フロスや糸ようじなら綺麗にしてくれます。